上演記録


第6回公演 きぬという道連れ (1977年) 


 

クリックすると大きいサイズのチラシが見れます
 作:秋元松代

1977年11月26(土)~27日(日)

砺波市立図書館 3階ホール

あらすじ



    舞台は京都・丹後地方。「絹ちりめん」の衰退で夜逃げに追い込まれた夫婦。
   目指すは従兄弟が住む山奥の平家の落人の村。

   道中、夫婦の対話から虐げられていた女たちの過去が蘇る。
   羽衣を奪われる天女伝説、江戸時代の圧制による身投げ、そして一揆、明治時代の「女工哀史」など 。

   村に辿り着くと従兄弟は既に都会へ移住し、そこは婆さん一人が生きる廃村だった!

   次第に「山姥」のように振る舞う婆さん・・・。

                              (ITOIGAWA 創造シアターさんHPから抜粋───)       

CAST



きぬ  小西 法子  竜吉  竹正 繁
ばんちゃん  吉江 淳子 男1  小幡 尚
女1  浜田 喜代美  男2  竹正 哲郎
女2  川辺 政恵 男3  中川 茂

STAFF



演出 小西 竹文 小道具 吉田 典子
舞台監督 浜田 喜代美 衣装 北島 春美
装置 竹正 哲郎 メイク 川辺 政恵
美術 加藤 美和子 制作 小幡 豊
照明 小幡 和日出 中川 茂
北島 信一 向山 登
効果 桃井 礼子