劇団すばるとは?


 劇団名

劇団すばる

主な活動場所

砺波市文化会館/富山県砺波市花園町1−32
(会館HPへ)

主な活動日

毎週木曜日 20時〜22時
公演が近づくと、土曜や日曜に練習することもあります。


劇団概要
  1971年(昭和46年)結成。

  当時は芸術文化活動はまだ盛んではなく、演劇分野においても
富山市を中心に活動していた劇団がいくつかある程度だった。

  そんな中、砺波の地で演劇と詩の朗読、
フォークソングの合同発表から「すばる」はスタートした。
しかし、肝心の演劇の公演は本格化できず団員が3人だけになってしまう。

  これが最後かも…という思いで第3回公演『カロル』を市立図書館にて発表したところ
  これをきっかけに入団希望者が増え、その後定期公演を続けられることに。

  1982年(昭和57年)砺波文化会館が建設され、稽古の場所が図書館から文化会館に。

  1985年(昭和60年)頃から若い団員が増え、上演する作品も、それまでとは変化してくる。
  いろいろなジャンルの作品を上演するため、
  『すばるは何をしたいのかわからない』と言われた事もある。


「演りたい時に演りたい芝居を!」

「技術より芝居に対する意欲、情熱を舞台に!」


  の気持ちを大切にして、概ね年1〜2回のペースで公演を続けている。