上演記録


第18回公演 はるまげどん (1989年) 


 

クリックすると大きいサイズのチラシが見れます
 作:大橋泰彦

1989年7月22日(土)・23日(日)

砺波市文化会館 多目的ホール


あらすじ



     東京都下。

    昔ながらの町並みの中に、そのありふれた神社は何百年もそうであったように
    じっと時をやり過ごしていた。

    夕暮れにはずむ声をひびかせているのは、恵比寿さんのおじいちゃんとおばあちゃんをはじめ、
    町内の世話役夫婦、大石先生、キャバレーの明美さん、そして養老院の院長先生という面々である。
    陽気にバレーボールの練習にいそしむ人々。
    今日もまた、平穏に一日が暮れてゆくかのように見えた。

    一方、恵比寿家では、お父さんの誕生日パーティが和やかに開かれていた。

    恵比寿家とそのアパートを狙う、あやしくもけなげな青年地上げ屋の正体は?
    そしてこの土地に秘められた謎とは?

    人類の運命をかけて立ち上がる、少女やよいと神々たち。
    今「はるまげどん」の幕が切って落とされた!




CAST



やよい 八田 裕美  世話役 島 七之助
七味 零  世話役の奥さん  KAZUMI
川原 道子 院長  山崎 穣
祖母  ニーチェ石原  大石先生  咲田 さくら
祖父 宮本 勝浩  明美  藤田 あゆみ
青年  坂井 宏彰  夫  熊野 智浩
むつお  妻  黄 素子
男  暴流入漫 


STAFF



演出 玉井 健一 小道具  鍋島 一美 
舞台監督 小幡 豊 効果 宝田 実
照明  K子  制作 野理 忠亮
衣装  赤松 弓子  長谷川 久夫 
大道具  石井 恒雄 

  

 公演写真