上演記録


第10回公演 こんな女に誰がした (1982年) 


 

クリックすると大きいサイズのチラシが見れます
 作:雑賀聖

1982年8月7(土)~8日(日)

砺波市文化会館 多目的ホール

あらすじ



    団地の若い主婦、佐藤夫人はいつも一人ぼっち。
   だから今日も、退屈しのぎのいたずら電話。

   そこへ申し合わせたかのように招かれざる5人の訪問者が次々とやってくる。

   女子高校生の強盗、借金取り、夫の情婦、しつこいサークル勧誘員、刑務所帰りの押し売り……。

   佐藤夫人絶体絶命のピンチかと思いきや、そこは悪ふざけと芝居上手な彼女のこと、
   彼らを次々にだまして反目させてしまう。
   おかげで佐藤家は上を下への大さわぎ。

   佐藤夫人の大勝利やに見えたが、そこには意外な落とし穴が待ち受けていた。
   5人の訪問者はそれなりにひたむきに生きていたのだ……。

  

CAST



主婦  小幡 純子  情婦  加藤 美和子
強盗  井野 寿美代 サークル勧誘  一本嶋 浩美
借金取り  北島 春美  押し売り  柴田 正信 

STAFF



演出 大木 信作 演出助手 小幡 豊
舞台監督 石井 恒夫 装置 竹正 哲郎
照明 小幡 和日出 村岡 剛至
小西 昭次 効果 竹正 繁
衣装 浜田 喜代美 西 一彦
メイク 金道 仁美 制作 小西 竹文