上演記録


第31回公演 八月のシャハラザード (2000年) 


 

クリックすると大きいサイズのチラシが見れます
 作:高橋いさを

2000年8月12日(土)・13日(日)

砺波市文化会館 多目的ホール


あらすじ



     ボートの上で気を失っていた男が目を覚ました。
    その姿は水着にウキワ。そして側にはスーツ姿の女が一人。
    遥か彼方の空には、客船が。ん!?変な組み合わせ。

    ここはどこだ?俺は何をしていたんだ!?

    俺の名前は天宮亮太。
    女は名前を夕凪と言い、俺が海で溺れ死んだと言う。
    そして、俺をあの世へ連れていく案内人だとも言う。
    そんなこと信じられるか。何も悪いことしていないのに何で死ななきゃいけないんだ。
    俺はまだやりたいこともあるし、第一、愛するひとみにさよならも言っていない!

    と、いうことで、そこを逃げ出し、この世へ帰ってきた。
    ところが、だ。劇団の連中も、ひとみにさえも、俺の姿は見えないらしい。
    声も届かない。
    夕べは葬式まであったらしい。どうやら本当に死んだようだ・・・。
    でも、でもどこかに俺の姿が見える人がいるはず。と、思っていたら、いたんだなこれが。
    でもこいつ、人相は悪いし、けがしてるし(すごい出血だ)、拳銃まで持っているぞ。
    夕凪は俺を追ってくるし、さあ、どうしよう。

    恋人に一言「さよなら」を言いたい亮太。
    亮太の願いを叶えるには、亮太が見える唯一の生きている人間、川本に頼めばいいようだが、
    川本は何か復讐に燃えているようだし、重傷も負っているようだ。
    亮太の最後の願いは叶えられるのか?
    運命の時計は、その時を刻々と刻み続けている・・・。



CAST



亮太 むつお  木島  七味 零 
川本 坂井 宏彰  あらた  宮島 康寛
夕凪 ちゃえき 梶谷  林 雄一
ひとみ  菅原 清美  マキ  西村 さおり
武志 湯尾 雅紀   


STAFF



演出 坂井 宏彰 照明  tarow 
大道具 谷井 政夫 K子 
小道具  むつお  衣装  あかせ 
音響 あかせ  制作  宮本 勝浩
  浅谷 加奈絵    小幡 豊
  ニーチェ石原     


 公演写真