上演記録


第14回公演 十一人の少年 (1986年) 


 

クリックすると大きいサイズのチラシが見れます
 作:北村想

1986年3月29日(土)・30日(日)

砺波市文化会館 多目的ホール


あらすじ



     盲の女が一人いた。
    年齢は十六、七。名をスモモ。
    ガード下の柱の前にスモモはいつも座っていた。

    ガード下にいつも芝居の練習をしに来ていた青年・青木は、ふとしたきっかけで
    スモモと言葉を交わす。
    不思議なことに、盲の少女スモモとの会話で、青木の話はどんどん広がっていった。
    青木の話は「十一人の少年」という台本をもとにしながら独自の展開を見せる…。

  

CAST



スモモ K子  ヒオイ 松嶋 千土里
青木 熊野 智浩  トモズミ  吉田 千鶴
片岡 石井 恒雄 太田連太郎  ニーチェ石原
小林  七味 零  ヘタムラ・ゾウ  飴谷 英雄
別保 宮本 勝浩  少年たち  小幡 豊
スガ子・おきぬ  泉 一美  小幡 和日出
太郎吉 瀬川 亮一  大木 信作
雄次郎  柴田 正信 小西 竹文
  

STAFF



演出 泉 一美 大道具  玉井 健一 
舞台監督 石井 恒雄 小道具 谷井 政夫
装置  村岡 則吉  コスチューム 宮本 勝浩
平木 宇一  メイク  吉田 千鶴 
照明  小西 昭二  アート 野村 広一 
西 一彦 制作  野理 忠亮 
音楽 ニーチェ石原  小西 竹文
松嶋 千土里  効果 竹正 繁

 

 公演写真